biscuit time

束の間の~気ままな時間~  blues musick etc...

プロフィール

biscuit time

Author:biscuit time
気ままな音楽的ブログであります♪

カレンダー

最新記事

カテゴリ

最新コメント

FC2カウンター

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告  |

逃避旅行Ⅱ ~君影草~

穏やかに流れる川の向こう岸に、
ランニングしている、ボンちゃんが見えた。

「お帰り~、ボンちゃん」
「うわ、おったんか!」
「自分を追いこむように、走るんだね」
「止まってる暇はないで」
「ふ~ん」

「さあさあ、爆弾づくりや」
横の部屋、いい匂いがする・・・
「お、おい、お前!」
「私は、スズラン子だよ」
「その、おもろい名前はなんや?」

「例えば…、幼稚園児で、スズランの花を選ぶ子なんていないでしょ?
みんな、チューリップやヒマワリやタンポポなのに、すごく地味な花だよ。
スズランを選ぶような子供だったってこと。」

「ようわからんが。」

「スズランは、‘君影草’とも呼ばれるんだって。」

「ほう、奥ゆかしい。で、お前は、誰を想うとるんや?」

「私は、色恋とかいうよりは、私が生まれる前に生きた人。
ご先祖様というのか、その人の想いが、君の影として、私のなかに残ってる
そんなイメージなんだ。
だから私、スズランをとても気にいってるの。」

「なんか、人間と話してるみたいやな・・・。
そういう話は、爆弾づくりにも色を添えるっちゅうもんや
これから・・・、お前を名前で呼ぶことにする。」

「イェイ! なんだかお腹空いたな~」
「スズラン子は、何を食うねん?」
レコードだよ!」
「ワーッツ??!!」

ぼんちゃんは、アホかという風に後ろを向いて、隣の部屋からもってきた
シタールのような楽器を鳴らし始めた。

迷うなんて、余裕をかき消して、信じたい、自分を。



関連記事
【 2013/07/28 14:32 】

おもいっきりフィクション!  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 逃避旅行Ⅲ ~レコード棚の奇跡~ | ホーム | 逃避旅行Ⅰ~窓辺の葵~ >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。